てんかん

犬のてんかんってどんな病気?

てんかんとは、脳の細胞が電気を発し、それが全体に広がることで起こる発作の症状のことを言います。正常な脳であれば、一部が電気を発しても他の細胞が抑えて元の状態に戻しますが、てんかんになると同時多発的に神経細胞がショートしてしまうのです。

 

犬のてんかんの症状

てんかんの主な症状は発作ですが、1回きりの発作であればてんかんとはいいません。てんかんの定義としては、「突然の発作が24時間の間隔で最低2回起きること」とされています。

 

 

てんかんの発作には2種類ある

 

焦点性てんかん発作

 

脳の一部分の神経細胞がショートし起きる発作のことを言います。この場合、ショートした場所によってけいれんを起こす場所がまちまちで、四肢や頭など特定の場所を繰り返し上下左右に動かします。また、落ち着きがなくなったり嘔吐したりといった症状も見られます。意識がある状態が多いのが特徴です。

 

全般性てんかん発作

 

てんかんを起こすと、ほとんどの場合全般性てんかん発作を起こします。具体的な症状は、突然意識を失い激しくつっぱったり、四肢を高速で動かしたり、焦点性のものより激しいけいれん症状になります。奇声を発することもありますが、全般性の場合は意識がないため痛みや苦しみによるものではありません。

 

 

焦点性発作からすぐに全般性発作に進行することもあります。

 

 

てんかんの重責発作とは

 

てんかんの発作が30分以上続いたり、1回の発作から回復することなく次の激しい発作を起こすことを重責発作といい、てんかんの中でもっとも危険な状態とされています。この状態を放っておくと最悪命を落としてしまうことになるため、緊急に処置を行う必要があります。

 

 

初めての発作でも重責状態になることがあります。

 

てんかんの原因とかかりやすい犬種

てんかんの原因も特発性と二次性の2種類に分けられます。

 

 

てんかんが起きる原因

 

特発性(原発性)てんか

原因がはっきりとわからないてんかんのことを言いますが、遺伝的要素が大きく関係していると考えられています。犬が起すてんかんのほとんどは、この特発性タイプです。

 

 

遺伝的原因

他の病気と同じように、てんかんも遺伝によって起きることがあります。特定の遺伝子がてんかんを起こしやすいというだけでなく、いくつかの遺伝子が重なって染色体異常を起こすということがわかっています。

 

 

遺伝的要素が原因の特発性てんかんを起こしやすい犬種

ミニチュアダックスフンド、プードル、ビーグル、シェパード、ハスキー、レトリバー系、ハスキー系、ボーダーテリア、アメリカンコッカ―スパニエル、イングリッシュコッカ―スパニエル、ウェルシュコーギーペンブローク、コリー、シェットランドシープドッグ、セントバーナード、ボクサーなど。

 

 

環境的要因

てんかんとの関連はまだはっきりとはわかっていませんが、過度なストレスがかかることによりてんかんを起こす可能性があるとされています。

 

 

原因不明

遺伝的要素も環境的要素も考えにくく、全く原因がわからないままという場合もあります。

 

 

 

二次性(病候性)てんかん

交通事故による外傷や脳腫瘍などにより、引き起こされたてんかんのことを言います。

 

 

外傷的原因

交通事故などの大きな衝撃により脳にダメージが与えられ神経細胞に異常をきたすこと。子犬の脳が柔らかい時であれば、交通事故程の大きなダメージではなくてもちょっとした衝撃で細胞が壊れてしまうこともあります。

 

 

病的原因

脳に関係するあらゆる病気により脳細胞が破壊されることが考えられます。その中でもいちばん影響を受けやすいのが脳腫瘍で初期症状としててんかんを起こすこともあります。その他、難産などによる低酸素症やウィルス感染による脳細胞の炎症なども原因になり得ます。

 

 

てんかんの治療法

てんかんには長い期間の投薬が主な治療法になります。完治させるのは難しいため、発作を抑えることを目的とした投薬と考えてください。投薬を行っても発作が出ることもありますが、症状が重い場合でも軽い発作に抑えることが可能です。

 

 

てんかんの食事療法

 

てんかんは脳の障害であるため、脳に負担のかからない食事療法が基本になります。もちろん、食事だけでてんかん発作を抑え込むことは難しいですが、脳に必要不可欠な糖質、EPA・DHA、マグネシウムの3つは積極的に与えるようにしましょう。

 

 

>>プレミアムドッグフード人気ランキングはこちら