低血糖症

低血糖症ってどんな病気?

低血糖症とは、血中の糖分が何らかの理由で著しく低下してしまう病気のこと。主に糖分を必要とする脳へのダメージが大きく、低血糖の状態が続くと全身への栄養供給も不足していきます。

低血糖症の症状とかかりやすい犬種

低血糖に陥ると脳の働きが鈍くなり、ぐったりとして動かなくなります。一時的な低血糖状態であればすぐに回復することもありますが、重症化するとけいれんを起こし意識を失ってしまうこともあります。

 

 

低血糖症は、あらゆる犬種に起こりうる病気ですが、チワワなどの超小型犬の場合、頭蓋骨に隙間があるため成犬になるまでに低血糖症になりやすいといわれています。成犬になると逆に、ボクサー、ゴールデンレトリバー、スタンダードプードルなどの大型犬の発症率が高まります。

 

低血糖症の原因と予防

低血糖症は、犬の成長ステージによって原因が違います。また、糖尿病を患っているワンちゃんの場合、インスリンの過剰摂取によって低血糖症を起こすことがあります。

 

 

低血糖症の原因と予防

 

子犬が起す低血糖症

 

生後3ヶ月までの子犬は、体温の低下、空腹、栄養吸収の悪化などにより低血糖症を起こすことがあります。特に、食が細いワンちゃんは食事の量が足りないとすぐに低血糖を起こすので、栄養価が高く消化吸収の良い食事を与えるようにしましょう。ふやかすときには、体を冷やさないためにもぬるま湯を利用してください。

 

 

成犬が起す低血糖症

 

成犬が低血糖を起こす主な原因は、食事と運動の量にあります。食事から得られる糖分が過度な運動などにより不足すると低血糖症になります。空腹時の運動を避けることで予防が可能です。

 

 

老犬が起こす低血糖症

 

7歳以上の老犬になると、インスリンを生成している膵臓のガンにより低血糖を起こしやすくなります。普段から脂肪が少なく低カロリーな食事を与え膵臓への負担を減らしましょう。

 

 

糖尿病がある犬の場合

 

糖尿病時に注射するインスリンの量が過剰になると低血糖を起こすことがあります。ダイエット目的で糖質制限食を与えている場合には特に注意しましょう。インスリンの過剰摂取により低血糖の症状が出てしまったら、速やかにハチミツや砂糖水を舐めさせるなどの対応をとってください。

 

 

低血糖症は、過度なストレスによっても陥ることがあるとされています。神経質なワンちゃんには要注意。

 

低血糖症の治療と食事

低血糖症の治療は、糖分の摂取がメインになります。症状が軽い状態なら口から、意識がなくなっている場合には注射でブドウ糖を補給します。また、膵臓ガンが原因の低血糖症であれば、ガンの切除手術を行います。

 

 

特別な治療食というものはありませんが、消化吸収の良いドッグフードを与えることで低血糖を起こしにくくなります。低血糖になりやすいワンちゃんには、空腹の時間を短くすることが大切ですので、1回の食事量を減らし回数を増やすと予防につながります。

 

 

低血糖症と診断されるのは、血糖値70mg/dl以下。