目やにが出る

犬の目やには病気のサイン?

犬の目やにが気になる時には、その色を確認してください。茶色、黒、グレーといった色の場合には、特に病気を心配する必要はありません。固まってしまうとふき取りにくいので、気付いたらその都度清潔な布でふき取って上げてください。

 

 

病気の可能背が高いのは、黄色や黄緑色の目やにを出した時。感染症などの目の病気にかかっている可能性があります。

 

 

目やにの色が黄色くなくても異常に出てしまうという場合には、かかりつけの動物病院で診てもらうことをおすすめします。

 

目やにはどうして出るの?

目やには、目の表面についたほこりや汚れ、皮脂腺の分泌液や老廃物が涙に混じることで発生します。基本的には、特に病気というものではないので多少量が増えても心配する必要はありません。

 

 

汚れが涙と一緒になり目の表面にあるときは、グレーっぽい薄い色の状態ですが、時間が経ち目から出てくると黒や茶色っぽくなります。

 

 

また、流涙症などで涙の量が増えると目やにの量も増えることがあります。この場合、流涙症を改善させる必要があります。流涙症については、「流涙症の原因と治療法」にまとめています。

 

犬の目やにから考えられる病気

犬の目やにの色が黄色、黄緑色の場合、目の炎症、感染症、眼瞼内反(がんけんないはん)、眼瞼外反などが考えられます。

 

 

目の炎症でよくあるのが、角膜炎、結膜炎、眼瞼炎など。また、目やにの症状を出す犬ジステンパーウイルス感染症という病気もあります。(抵抗力の弱い子犬や老犬に多いとされています。)

 

 

眼瞼内反・眼瞼外反とは、下まぶたが内側(外側)に反り返ってしまう症状のこと。見た目にもわかりやすい病気です。瞬きをするたびにまぶたが眼球を傷つけるため、涙の量を増やします。多くの場合逆さになっているまつ毛を抜くことで解消しますが、重度の場合には手術を行います。

 

 

目やにが出やすい犬種

・目がとび出ている犬種
チワワ、マルチーズ、シーズー、キャバリア

 

・角膜炎になりやすい犬種
シーズー、パグ、チン、ボクサー

 

・逆さまつげになりやすい犬種→炎症を起こしやすい
シーズー、マルチーズ、ヨーキー、キャバリア

 

・アレルギーを起こしやすい犬種→炎症を起こしやすい
秋田犬、シーズー、柴犬、ホワイト・テリア、ケアーンテリア、コッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリーバー、ジャーマン・シェパード、スコティッシュ・テリア、ダルメシアン、ブルドック、ボクサー、ミニチュア・シュナウザー、ラブラドール・レトリーバー、ワイアー・ホックス・テリア

 

・ドライアイになりやすい犬種→炎症を起こしやすい
シーズー、パグ

 

・涙やけになりやすい犬種
シーズー、マルチーズ、ポメラニアン、ペキニーズ

 

・眼瞼内反、眼瞼外反にかかりやすい犬種
コッカースパニエルやセントバーナード、ブルドッグ