ミックス犬にリスクはある?

ミックス犬とは

チワックス

ミックス犬とは、純血種同士の違う犬種を交配させて誕生した子のこと。基本的には雑種と同じですが、ペットショップでは分かりやすくするために、「純血種×純血種」のみをミックスとして販売しています。雑種は、ミックスと違い血統書が発行されないのでペットショップでの取り扱いはほとんどありません。

 

 

人気のミックス犬は?

 

ミックス犬の中で人気なのが、チワワとプードルのチワプー。純血種でも人気の高い2種ですね。「チワワも可愛いけどプードルもほしい」という方には良いかもしれません。その他、チワワとダックスフンドのチワックス、マルチーズとプードルのマルプーなども人気です。(上の画像はチワックスです。)

 


ミックス犬がかかりやすい病気

ミックス犬は、親が持つ遺伝子によってかかりやすい病気が決まります。そのため、両方の親の遺伝子に問題がなければ強い子が生まれますし、逆に、親が何らかの病気遺伝子を持っていた場合、両方の病気を受け継ぐこともあります。

 

 

飼ってみないと分からないというのが実際のところですが、ほとんどの場合、親より長生きするようです。

 

 

両方の親のかかりやすい病気を知っておくことが大切

 

ミックスを飼う方は見た目で選ぶことが多いと思いますので、なかなか病気についてまで考えることはないかもしれませんが、両方の親がそれぞれかかりやすい病気を事前にチェックしておくと安心できます。

 

 

例えば、ミニチュアダックスとポメラニアンのミックス犬。それぞれの遺伝要素をみるとちょっと気になることがあります。ミニチュアダックスが、ヘルニアや心臓疾患になりやすいのに対して、ポメラニアンは、小型犬の中でも太りやすい特徴があります。ヘルニアも心臓疾患も肥満は厳禁。そのため、ミニチュアダックス×ポメラニアンのミックスを飼う場合には、飼い主さんによる愛犬の健康管理が大切になります。

 

 

もちろん、ダックスフンド×ポメラニアンだけではなく、どんな掛け合わせでもメリット・デメリットは存在します。両方の親の特徴やかかりやすい病気をチェックし、飼育環境や食生活の改善に活かしましょう。