糖尿病

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンが不足したりうまく作用しない場合に血液中の糖が増えて尿に混じる症状のことを言います。血液中の糖濃度が高いことを高血糖といい、長く続くと白内障などの合併症を引き起こすことがあります。

 

犬の糖尿病の種類と原因

犬の糖尿病には、2種類のタイプが存在します。まず、考えられるのがインスリンが出なくなるインスリン依存性糖尿病。犬の場合には、ほとんどこのタイプに該当します。はっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝、肥満、ウィルス感染、老化により発症しやすくなるといわれています。

 

 

一方、インスリンは出るがうまく機能しないタイプのものをインスリン非依存性糖尿病といいます。犬の場合、このタイプを発症することは少ないですが、避妊手術をしていないメスはかかりやすいといわれています。主な原因は、ストレス、肥満など。

 

 

遺伝や老化が原因の場合はなかなか予防が難しいですが、肥満については飼い主さんにも対策がとれますので、普段から体重管理をしっかりと行うようにしましょう。食べすぎ、早食いには要注意。

 

糖尿病の症状とかかりやすい犬種

糖尿病の初期の段階では、インスリン不足で増加した糖を排出するためにおしっこの量が増えるようになります。さらに、失われた水分を補給するために水を飲む量が増えます。また、糖が吸収されないため食べる量が増えるのに太らない(痩せてくる)といった症状も見られます。

 

 

糖尿病が進むと血中のケトン体という物質が増え、糖尿病性ケトアシドーシスという症状を起こし、食欲不振や嘔吐の症状が出るようになります。最悪の場合、昏睡状態に陥り命を落とすこともあります。

 

 

糖尿病にかかりやすい犬種

 

糖尿病は、プードル、ダックスフンド、ビーグル、ミニチュア・シュナウザーなどがかかりやすいといわれているため肥満には注意してください。特に、6歳以上の高齢になると発症率が上がります。性別では、メスの方がオスの4.5倍かかりやすいというデータが出ています。

 

糖尿病の治療

インスリン依存症糖尿病の場合には、インスリンの投与が基礎治療になります。膵臓でインスリンが作られないため、毎日投与し続ける必要があります。(1日1〜2回)インスリン非依存糖尿病の場合には、食事療法やダイエットで改善されることが多いです。

 

 

糖尿病の診断検査には、血液検査、血糖検査、尿検査などがあります。

 

 

糖尿病になったら寿命(余命)はどれくらい?

 

愛犬が糖尿病を発症した場合、毎日のインスリン注射を行えば、合併症を起こさない限り寿命が極端に短くなることはありません。糖尿病性ケトアシドーシスによる衰弱や食欲不振の場合には、治療を行っても命を落とすことがあります。

 

 

糖尿病の食事療法

 

糖尿病の予防については、低カロリー食や脂質が少ないドッグフードで十分ですが、発症した場合には糖尿病用の療養食がおすすめです。手作りフードなら穀物などの炭水化物が少なく、食物繊維の多いものを与えるようにしてください。おやつは絶対にNG。

 

インスリン注射の打ち方

治療費や犬の負担を減らすためにも、自宅で飼い主さんによるインスリン注射が必要になります。具体的な打ち方やコツなどは、かかりつけの獣医が詳しく説明してくれます。

 

 

インスリンの量が多すぎると低血糖に、少なすぎると血糖値が下がらないということになるので、注射の際には注意が必要です。効果がでるとされる3〜6時間後のワンちゃんの状態をしっかりとチェックしましょう。万が一低血糖を起こし体調不良を起こしたら、ハチミツや砂糖などを与えすぐに動物病院で診てもらってください。

 

 

飼い主さんの中には注射を打つことが苦手な方もいると思います。注射を打つ前に緊張したり構えてしまうと、ワンちゃんにもダイレクトに伝わり、暴れたり吠えたりしてしまいます。事前に打つ場所や角度をイメージしながら練習するとうまくいきやすいです。本番は迷ったりせず早い時間で済ませるようにしてください。

 

糖尿病の治療費

糖尿病に限らず病気の治療費は、動物病院によって大きく違います。また、具体的な治療費を公開することは独占禁止法によって禁じられているため、利用者が事前に確認することは難しくなっています。(親切なところは目安の費用を載せてくれているようです。)

 

 

目安として、インスリン1本(1瓶)は3,000〜10,000円、注射器は1本50〜200円くらいになります。通院と入院、ワンちゃんの体質などによっても変わってきますが、月にかかる治療費は約2〜5万円になると考えておいてください。(糖尿病の進行状態によっては10万円以上かかることもあります。)

 

糖尿病による合併症とは

糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、合併症を起こす危険性があります。具体的に、犬が糖尿病で起こしやすい合併症は、白内障による視力低下。ケトアシドーシスまで進行すると心筋梗塞や腎疾患、神経症状がが起きることもあります。

 

 

白内障は、手術や目薬で改善させることができますが、根本の原因になっている糖尿病を治さない限り、再発しやすい状態が続きます。

 

 

しかしながら、糖尿病による合併症は、食事療法やインスリンの適量注射により予防することが可能です。初期段階であれば、進行をとめることもできます。

 

 

糖尿病は、合併症を引き起こさないためにも血糖値の正常化がいちばんの治療法になります。