前立腺肥大

前立腺肥大とはどんな病気?

犬の前立腺肥大とは、加齢により前立腺の細胞が増え大きくなってしまうこと。前立腺は、精液を作る働きがあるためオスにのみ存在します。去勢を行っていない場合に多く発症し、6歳で60%、9歳までに95%にもなるといわれています。

 

 

前立腺肥大にかかりやすい犬種

前立腺肥大は、加齢が進んだオスに高確率で発症する病気なので、特にどの犬種がなりやすいというものはありませんが、ドーベルマンやスコティッシュ・テリア、バーニーズなどは、遺伝的に発症しやすいという説もあります。

 

前立腺肥大の症状・原因は?

前立腺肥大は、目立った症状がなく早期発見が難しい病気の一つです。時間をかけて大きくなり他の臓器を傷つけて初めて発見されるということも多くあります。そのため、他の器官の機能低下による症状から判断することになります。

 

 

前立腺肥大の症状

 

・膀胱炎を引き起こしている場合
→尿の量の減少、頻尿、血尿など

 

・腸が圧迫されている場合
→結腸閉鎖による便秘の症状や踏ん張っても出ないしぶりの症状、腸閉塞による嘔吐など

 

 

前立腺肥大の原因は?

 

はっきりとした原因はわかっていませんが、老化による男性ホルモンの乱れが関係しているといわれています。前立腺肥大は、あらかじめ去勢手術を行っておくことで、将来の発症率をぐっと抑えられます。特に発症しやすい犬種の場合は、早いうちに獣医に相談することをおすすめします。

 

前立腺肥大の治療

前立腺肥大を発症した場合、去勢手術が効果的です。精巣が除去されることで男性ホルモンを減らし前立腺を縮小します。術後は、数週間で少しずつ小さくなり3ヶ月でほぼ元通りになります。

 

 

発見が早くまだ大きくなってないない場合には、ホルモン剤の投与で前立腺の成長を遅らせることが可能です。逆に、発見が遅く肥大化が進んでいる場合には、他の臓器への影響も考え外科手術を行うことになります。

 

 

前立腺肥大は、ほとんどの場合去勢手術で対応できると言われています。

 

前立腺肥大におすすめのドッグフード

前立腺肥大の多くは去勢手術で完治しますが、腸への圧迫で軽い便秘を起こしているだけなら食事療法(ドッグフードの切り換え)で改善することがあります。

 

 

切り替えるドッグフードは、便秘に効果的な原材料が豊富なもの。オリゴ糖食物繊維には整腸作用があり便秘を改善させます。消化が良いグレインフリーなどもおすすめです。

 

 

ランキングでも1位として紹介しているカナガンドッグフードは、食物繊維が豊富なサツマイモやフラクトオリゴ糖配合で、便秘解消にも役立ちます。