耳の病気

犬の外耳炎と中耳炎

ダックスフンド

犬が良くかかる耳の病気に外耳炎と中耳炎があります。犬の耳は人間の耳と違い通気が悪く感染症を起こしやすいのです。特に耳の中が見えない犬種については異変が起きていないか定期的なチェックが必要になります。

 

 

外耳炎と中耳炎の違い

 

外耳炎とは、入り口から鼓膜までの間で炎症を起こす病気のこと。ダニやブドウ球菌などの細菌やアレルギーなどにより引き起こされ、初期症状ではかゆみを発生させます。病状が進み炎症がひどくなると痛みを伴うこともあります。

 

 

これに対して、中耳炎は鼓膜の奥で炎症を起こす病気。外耳炎がひどくなると中耳炎に発展します。また、中耳自体にポリープができることにより中耳炎を起こすこともあります。

 


外耳炎・中耳炎の症状 かかりやすい犬種

シーズー

外耳炎は、入り口から鼓膜までの間で炎症を起こす病気なので、耳垢がたまりやすくなります。耳掃除をしてもすぐたまるようであれば外耳炎を疑ってください。その他、鼻をつくような匂いがしてきたり、かゆがっていたら外耳炎の可能性が高いといえます。中耳炎の症状も、外耳炎とおなじものですが、中耳炎の方が症状としてはひどいため、耳に触れようとするだけで拒否反応を示すことがあります。

 

 

外耳炎・中耳炎にかかりやすい犬種

 

外耳炎・中耳炎にかかりやすいのは、ダックスフンド、レトリバーのような耳が垂れさがっている犬種。また、耳の中の毛量が多いシーズーやトイプードルは蒸れやすいため、外耳炎になりやすい傾向があります。シェットランド・シープドッグは、遺伝的にアレルギーや外耳炎を起こしやすいといわれています。

 

 

こまめな耳掃除と匂いチェックが予防につながりますが、たれ耳の場合は、動物病院での定期的な健診や、トリマーによる耳毛カットを行っておくと安心です。

 

 

過度な耳掃除は炎症を引き起こすなど逆効果になる場合があります。

 


外耳炎・中耳炎におすすめのドッグフードはこれだ!

フォークを持った犬

外耳炎・中耳炎にかかってしまうと病院での治療になるため、食事療法は意味を持ちません。しかし、食事による予防は可能です。

 

 

まず、ゴールデン・レトリバー、ラブラドールレトリバー、ダルメシアン、ボクサー、ブルドッグ、ミニチュア・シュナウザー、柴犬、シーズー、秋田犬など遺伝的にアレルギーを起こしやすい犬種は、アレルゲンになりそうな原材料を避けたドッグフードを与えることが大切です。

 

 

アレルゲンになりがちな食材

牛肉、鶏肉、卵、大豆、トウモロコシ、乳製品など。

 

 

次に、耳が垂れさがっていて外耳炎、中耳炎になりやすい犬種の場合には、安定した抵抗力を維持できる成分を含んだ食事がおすすめです。抵抗力を強化するビタミンCのサプリメントを補給してあげるのも良いですね。

 

 

外耳炎・中耳炎対策におすすめのドッグフードはコレだ!

 

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフードナチュラルドッグフードは、アレルギーになりにくいラム肉を主原料につかったドッグフード。チキンや牛肉でアレルギーを起こすワンちゃんにおすすめです。良質なアミノ酸・ビタミンB群、ミネラルを含むビール酵母には、ストレスへの抵抗力を強化するパトテン酸が含まれています。

 

>>NDFの詳細はこちら

 

ストレスの軽減がビタミンCの減少を防ぎ免疫力を強化します。

 

 

カナガンドッグフード

カナガンカナガンはグレインフリーの総合栄養食ドッグフード。麦やトウモロコシなどの穀物アレルギーがあるワンちゃんにおすすめです。免疫力を高めるビタミンCを豊富に含むクランベリー配合。サーモンオイルに含まれるEPA・DHAには感染症の予防効果も。

 

>>カナガン詳細はこちら

 

 

ドッグフードの切り換えを考えていない方は、今与えているドッグフードにトッピングするという方法もあります。その場合、意識したいのはビタミンAとビタミンCとDHA・EPA。ビタミンAには肌や粘膜の抵抗力を高める効果があるため、外耳炎、中耳炎予防に効果的です。以下の食材は、3つの成分を多く含んだものになります。ぜひ、手作りやトッピングに活かしてください。

 

ビタミンAを多く含む食材
かぼちゃなど。

 

ビタミンCを多く含む食材
小松菜、ピーマン、ブロッコリー、大根、じゃがいも、さやいんげんなど。

 

DHA・EPAを多く含む食材
イワシ、サバ、カツオ、マグロなど。

 

 

ビタミンCは、熱に弱く酸化しやすいため料理は汁ごとあげ、与える直前に調理するようにしましょう。ピーマンに含まれるビタミンCは性質上熱に強く調理やすいのでおすすめです。じゃがいもは、芽の部分に毒があるのでしっかりととりのぞいてください。

 

 

外耳炎・中耳炎予防に有益なビタミンA、ビタミンC、DHA・EPAは、継続的に摂取することが大前提です。多少手はかかりますが毎日続けてあげてくださいね(^^)