グレインフリーとは | プレミアムドッグフード人気ランキング

グレインフリーとは

麦の束

グレインフリーとは、ノーグレインとも呼ばれ穀物不使用のことを言います。肉食動物の犬には穀物を分解する酵素がないため、穀物を含まないグレインフリードッグフードを求める飼い主さんが増えてきています。一般的に穀物として使用される原材料は、トウモロコシ、大豆、小麦、大麦、米など。グレインフード(穀物入りフード)は、消化するのに時間がかかるというデメリットがあることで知られています。

 


穀物が引き起こす症状とは 穀物のデメリット

バツの札を持つ女性

穀物は、アレルギーを引き起こしやすいといわれているため、もともとアレルギーがないワンちゃんでもまれにアレルギーの症状があらわれることがあります。主な症状は、発疹や脱毛などの皮膚炎。どこかかゆそうな症状が見られる場合は食物の影響かもしれません。

 

 

また、穀物は犬にとって消化しにくく胃に長くとどまるため、お腹の調子が悪くなることもあります。その他、てんかんも穀物が原因だという説もありますが、はっきりしたことはまだ分かっていません。

 


穀物入りドッグフードは絶対にダメ?

仔犬を抱える女性

穀物のデメリットばかりご紹介してきましたが、実は、犬の穀物摂取には賛否両論あります。

 

 

確かに、犬には穀物を分解する酵素はありませんが、これは全く消化できずにそのまま便と一緒に出るというわけではなくて、時間がかかるということを意味しています。さらに、一部の個体を除いて、穀物に慣れさせることでうまく消化出来るようになることも分かっています。

 

 

また、穀物はそれ自体が犬に不要というわけではなく穀物に含まれる炭水化物が問題だといえます。グレインフリードッグフードは穀物不使用でもジャガイモやサツマイモなど炭水化物を含む原材料を使用していることが多々あります。このように考えると「穀物は絶対NG!!」は少し言いすぎかなと感じます。

 

プレミアムドッグフードに使われる穀物は、穀物の中でも比較的アレルギー性の低いものを使用しています。
例:オーツ麦など

 


逆にグレインフリー(穀物なし)にデメリットはある?

穀物を使用しないグレインフリードッグフードにデメリットはあるのか。栄養面に関しては特に目立ったデメリットはありませんが、その他のことで注意しておいた方が良さそうな点をご紹介します。

 

満腹感が減る

餌に喜ぶ犬穀物は消化に時間がかかる分空腹になることが少なく、長い間満足感をキープできるメリットがあります。そのため、急にグレインフリーに変えると物足りなさを感じるワンちゃんもいるようです。ごはんの量が足りないとストレスがたまることもあるので、切り換え時は徐々に変えていくなど工夫することが必要になります。

 

価格が高い

価格表グレインフリードッグフードは、穀物の代わりにじゃがいもやさつまいもを利用することが多いのですが、どれも穀物より仕入れ値が高いため、必然的に販売価格も高くなってしまいます。定期便などをうまく利用してコスパを良くすることをおすすめします。

 

やせ気味のワンちゃんには不向き

柴犬グレインフリードッグフードは低カロリーのものが多く、太らせたいワンちゃんの場合逆効果になることがあります。「たんぱく質にどのようなものを使用しているのか」「肉含有量はどれくらいなのか」をしっかりとチェックしてください。いつもあげているフードにササミ等をプラスしてあげるのも良いですね。

 

グレインフリードッグフードでおすすめは?

グレインドッグフードの中でも定評があるのがカナガンドッグフード。上でご紹介したデメリットをすべてカバーしているのでおすすめです。主原料には犬の嗜好性が高いチキンを使用しています。

 

 

人気のグレインフリドッグーフード

カナガンドッグフードカナガンはイギリス産のプレミアムドッグフード。すべての犬種が美味しく食べられる「平飼いチキン」を使用し、生肉に高たんぱくの乾燥チキンをブレンドしています。
さらに、グレインフリーによる空腹を防ぐため時間をかけて吸収されるサツマイモをプラス。犬にとって必要なエネルギーも摂取できるのでワンちゃんを適正な体重に導きます。

 

>>カナガンの割引特設ページはこちらカナガンドッグフード