使用される魚 | プレミアムドッグフード人気ランキング

原材料として使われる魚

ドッグフードの多くは、牛肉や鶏肉などの獣肉を使っていますが、魚介類をメインとしたドッグフードの販売もあります。使われる魚の種類は、サーモン、タラ、カレイ、ニシンなど。白身魚が多い印象ですね。(ニシンは青魚ですが。。)フードによって、魚介類と獣肉をブレンドしたものや、獣肉一切不使用のものもあります。

 

肉と魚の違い どっちがいいの?

犬は、本来肉食動物で獣肉を食べることが多かったため、与えるドックフードも獣肉由来のものが良いのですが、どうしても獣肉を食べないワンちゃんもいると思います。また、獣肉アレルギーという場合もありますね。

 

 

そういったときに活躍するのがフィッシュ系のドッグフード。最近では獣肉を一切使用していないものも販売されているので、アレルギーを起こしやすいワンちゃんにおすすめです。

 

 

手作りの場合は、魚によってあげて良いもの良くないものがあるので、しっかりと下調べを行ってください。また、アニサキスなどの微生物も怖いので、生ではあげない方が無難です。犬に良い魚の場合でも、骨はしっかりととってあげるようにしてください。

 

魚系ドッグフードのデメリット

デメリットと言えるほどのものはありませんが、魚系ドッグフードを購入する際に注意しておいた方が良い点をご紹介します。獣肉が苦手なワンちゃんの場合でも工夫次第でフォロー可能です。

 

嗜好性が低い

魚の場合、獣肉に比べて嗜好性が低くなることがあるので、犬が本能的に好む野草やビール酵母などの成分がプラスされているものを選ぶと安心です。

 

腹持ちが良くない

ドッグフードに使用されることの多い白身魚は、油ののった魚に比べて腹持ちが良くないという特徴があります。(サーモンは比較的腹持ちが良いです。)腹持ちが良くなる食物繊維の多いものを選ぶと良いですね。おすすめは、じゃがいもやさつまいもなど。「フィッシュ&ポテト」などと表記されているものがおすすめです。

 

 

魚系ドッグフードも、獣肉ドッグフードと同じで、成分チェックをしっかりと行ってください。「聞いたこともない添加物がたくさん使われていないか」「産地は安心できるところか」など成分表示ラベルから確認できます。

 

 

プレミアムドッグフードの中でも評価の高いオリジン6フィッシュは、カナダのバンクーバー獲れた栄養価の高いサーモンやタラ使用でおすすめです。

 

>>「オリジン6フィッシュドッグフード」の詳細はこちらオリジン