シニア犬のおすすめフード

老犬におすすめのドッグフード

老犬のレトリバー

犬は7歳を過ぎると、老犬やシニア犬と呼ばれる高齢犬に分類されます。今は獣医学も発達しているので寿命的にはまだまだではあるのですが、健康で快適に長生きをするためには、人間と同じようにやはり食生活が大切です。

 

 

老犬のフード選びで注意することは主に2点、カロリー管理と栄養バランスです。まず高齢になってくると、食欲は変わらなくてもどうしても運動量が落ちてしまいます。当然、若い頃と比べて、基礎代謝も落ちてきます。ですので、これまでより消費カロリーが減ることになり、摂取するカロリーを減らさないと肥満になる恐れが出てきます。

 

 

高齢というだけでも老化が進んでいるため、免疫や抵抗力が落ち、病気になるリスクが高くなるものですが、加えて肥満となるとさらにさまざまな成人病にかかる可能性も高まってしまいます。

 

 

また、シニア犬でも10歳をこえてくると内蔵の機能も低下してくるため、カロリー管理と栄養バランスの他に消化・吸収力が良い食材を使ったものを選ぶ必要があります。

 

 

老犬に最適なドッグフードのポイント

・成犬以上にバランスの取れた栄養を与える
・病気や老化に負けないよう免疫力を高める
・胃腸に負担をかけない消化・吸収の良い食材を見極める

 

 

など他にも気をつけたいポイントがたくさんあります。基本は「高たんぱく質」「低炭水化物」「低脂肪」なフードを選ぶことです。そして、関節が弱っている、被毛を美しく保ちたい、心臓が弱ってきたなど、老犬特有の体調のトラブルに効果がある栄養素を付け加える形でフードを選ぶようにしましょう。

 

 

各メーカーシニア犬用のドッグフードの販売もあります。

 

 

参照サイト:シニア犬との明るい生活情報局 | ドッグフードの選び方