小型犬・中型犬・大型犬のおすすめドッグフード

超小型犬・小型犬におすすめのドッグフードとは

超小型犬と呼ばれるのは、成犬になってからの体重がだいたい1kgから5kgくらいです。犬種はチワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、パグ、トイプードル、マルチーズ、ミニチュアダックスフンド、パピヨンやシーズー、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアピンシャーなどです。

 

 

小型犬と呼ばれるのは、成犬になってからの体重が10kg未満の犬で、パグ、柴犬、コーギーやビーグル等も分類に入ります。

 

 

これら超小型犬・小型犬の犬にお勧めのフードは、まず食べやすいサイズであることです。大きすぎず、小さすぎずしっかり噛み砕くことができる程度の大きさを選びましょう。このサイズの犬はあごが小さいので、歯周病などの病気になるとすぐに口のトラブルにもなります。強い歯を維持するためにもある程度は噛みごたえがあるのが理想です。

 

 

また、体が小さく、比例して胃も小さいため、一回の食事の量も少ないのですが、必要なカロリーは意外と多いものです。体が小さい犬のほうが、体重1kgに対しての必要エネルギーが多くなってきます。少ない食事でも必要エネルギーをしっかり摂取できるように、吸収性と消化がよい高カロリーフードを選んであげてください。

 

 

しかし、このサイズの犬は、どうしても食欲にむらが出やすく、食いつきが良くないということも良く起こる問題です。時々は、目先を変えて食べ飽きないように工夫してあげましょう。

 

 

そこで甘やかして、おやつを必要以上に与えすぎたり、食いつきがいいからと着色料や香料の多いものを選ばないように注意しましょう。肥満の心配から体にもちろん良くないですし、しつけの面からも良くない影響が出ることになります。

 

 

ほとんどが室内犬ですので、滑りやすい室内での生活から関節を守って強化するようなコンドロイチンなどの栄養素が入っているものもお勧めです。

 

中型犬におすすめのフードとは

中型犬と呼ばれるのは、成犬になってからの体重が、13kgから25kgくらいの犬を言います。何とか大人が頑張れば抱っこできるかどうかくらいの重さでしょうか。犬種としては、イングリッシュコッカースパニエル、紀州犬、ボーダーコリー、チャウチャウも入ります。

 

 

中型犬は運動量が多く活発な犬種が多いのが特徴です。室内で飼う犬種も多いですが、毎日しっかり外でも運動が必要なサイズです。引き締まった健康的な体格を維持することを意識したいものです。

 

 

ですので、おすすめのフードを選ぶポイントは、瞬発力のある健康な筋肉の維持と、健康管理に配慮したものを選ぶということです。つまり高たんぱくで適度な脂質が含まれ、ビタミンとミネラルがバランスよく取れるタイプのフードが理想です。

 

 

また運動をしっかりするこのタイプの犬は、運動によって発生する体内の活性酸素のケアも大切です。活性酸素は体内にたまると抵抗力や免疫力が下がってしまいます。酸化が進むと細胞や組織の老化を早める原因にもなります。ですので、抗酸化作用に効果があるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが含まれたフードがお勧めです。

 

大型犬・超大型犬におすすめのドッグフードとは

大型犬、超大型犬と呼ばれる犬は、成犬になってからの体重がだいたい25kg以上です。犬種としてはゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、シェパードが大型犬です。しかし30kgを越すシェパードや、40kgを越す秋田犬やボルゾイ、50kgを越すグレートビレニーズなど、超大型犬と呼ばれるものもあり、そのカテゴリーはとても幅広いです。

 

 

大型犬は、その大きな体を支えるための関節と心臓へ負担をしっかりサポートできるフードを選ぶのがお勧めです。

 

 

大きな体からは意外かもしれませんが、体重1kgあたりの必要エネルギーは約50キロカロリーと少ないのです。超小型犬と呼ばれるチワワなどは体重1kgあたり100キロカロリーといわれているので、必要エネルギーは半分以下にもなるほどです。

 

 

ですので、大型犬はサイズの小さな犬のフードを与えてしまうと、栄養過多になる恐れがあります。注意してください。そして、比較的、消化器官がデリケートなため、おなかを壊しやすい傾向にあります。ゆるくならないよう腸内環境に気をつけてあげてください。大便の大きさもやはり体に比例して大きくなりますので、世話が大変な上ににおいの問題も出てきます。

 

 

分量はしっかり守った上で、消化がよく、整腸作用の高いフードを選ぶと良いでしょう。また大型犬は口も大きいので、フードを噛まずに飲み込んでしまうという癖があります。歯の健康のためには、できるだけあごを使って噛めるような大きい粒のタイプを選んでください。

 

>>無添加ドッグフード人気ランキング