やっぱり手作りがいちばんいい? | ドッグフードの悩み

手作りフードを作る時のポイント

ここまで来ると市販のドッグフードは信用できない!やはり犬にも愛情たっぷりの手作りごはんが一番だ!と思う人もいるかも知れません。

 

 

手作りであれば、飼い主さん自身で何が入っているかをその目と手で確かめられますし、愛犬の体調や病気に合わせてあげられるのでもちろん体にはいいのですが、毎日のこととなると、手間もかかるしお金もかかるしでなかなか大変なのが本当のところです。しかし、挑戦するというのであれば犬にとってはメリットが多いので、これだけは抑えておきたいというポイントをご紹介します。

 

 

塩分は控えめに

犬には、1日4mg/1kg以上の塩分が必要だとされています。これは、最低摂取量なので、実際のところは20〜30mg/1kgほどあればOKでしょう。ただし、それ以上になると心臓や腎臓への負担が大きくなります。塩味だと味付けが楽なうえにワンちゃんの食いつきも良くなるのでついついやってしまいですが気をつけてください。

 

 

炭水化物の割合を抑える

犬には、炭水化物を完璧に消化する機能がありません。そのため、健康を維持するためには炭水化物は少ない方が良いです。したがって米やパンなどの穀物は、基本的には含まない方が良いでしょう。「炭水化物を減らすとフード自体の量が減ってしまう」と心配な方は、必要な栄養素であるたんぱく質を意識して肉からとるようにして、気をつけたい病気や体調に合わせて栄養を選び野菜をトッピングしてあげるとよいでしょう。

 

 

基本的な手作りドッグフードの作り方

 

与えやすく調理にも楽な鳥のささ身などは、特にシニア犬には高たんぱく、低カロリーで手作りフードとしては人気です。脂身をきちんと除いてカロリーをコントロールできれば豚肉でも牛肉でも与えて問題ありません。魚も火を通して骨を取り除いてあげれば良質な栄養分も多いので取り入れたいたんぱく質です。そこにキャベツや白菜、かぼちゃやじゃがいもなどの野菜をトッピングするなどして作ってみてください。いきなり慣れないエサに変えてしまうと、食べなかったりするので切り替える場合はこれまでのドッグフードに少しずつ混ぜていくとよいでしょう。

 

 

トップページでもご紹介しているPOCHIというメーカーのドッグフードは、手作りご飯をサポートする素材を多く取り扱っています。クール便で届くという鮮度へのこだわりからも分かるほど、犬の食生活、栄養を大事にしています。お手軽にはじめられる強いアイテムにもなりますので是非チェックしてみてください。

 

 

調理する際は、たまねぎやネギはそのエキス、スープでも犬には危険なことから調理器具はしっかり分けてあげるという点、後はドッグフードとは違って分量を測ることが難しくなるので与えすぎや足りなくなることにも注意しましょう。

 

 

>>無添加ドッグフード人気ランキング