犬が食べてはいけない人間の食べ物って?

犬が食べてはいけない人間の食べ物って?

犬が食べてはいけない人間の食べ物をご存知ですか?もともと人間の食べ物は犬にとって塩分が多く、味付けが濃いのでその味に慣れて、舌が肥えてしまうとドッグフードを食べなくなります。

 

 

ですので、ちょっとのつもりでもあげてしまうと長い目で見たとき、犬の健康に大きくかかわってきますので、注意が必要です。人間の食べ物は基本的に絶対NG!
しつけの面からもよくないのでやめましょう。

 

 

そして中でも絶対にあげてはいけない、食べると命の危険になるという食べ物もあります。有名なのがたまねぎやネギやニラなどのネギ類。犬が消化できない成分が含まれているばかりか、赤血球を破壊して貧血や嘔吐、脱水症状になることもありしにいたることも珍しくありません。

 

 

怖いのがスープに含まれる成分でもダメなので、たまねぎそのものが入っていなくてもうっかり食べ残しをあげるなんてことにも気をつけないといけません。

 

 

他にはチョコレートやココアに含まれるカカオの成分。こちらはついついおやつを一口という感覚であげてしまうことがありますが、カカオに含まれる成分を犬は分解できず、長く体内にとどまり興奮状態を作ることから、動悸が激しくなったり、痙攣したり、ひどいと呼吸困難に陥ることがあります。こちらも絶対にあげないようにしましょう。

 

 

また犬が喜ぶからと牛、豚、鳥などの肉や魚をあげる場合がありますが、骨には注意しましょう。特に鶏肉の骨はもろく折れやすいことからとんがりやすく内臓を傷つけることがあります。与える際は骨を取り除き、味付けに塩を使っている人間用の残り物をあたえることもやめてください。

 

 

後はあまり知られていませんが、牛乳も犬にはよくありません。カロリーが高く、下痢を起こしやすいのであげたい場合は、犬用に販売されているミルクにしてください。

 

 

他には、刺激が強い唐辛子やタバスコ、カレーなどの香辛料・スパイス、犬が消化をしにくくアレルギーの可能性もあるえび、いか、たこ、貝などの甲殻類も与えてはいけません。気をつけるようにしてください。

 

 

>>無添加ドッグフード人気ランキング