毛並みを良くしたい | ドッグフードの選び方

犬の毛並をよくするドッグフードとは

犬の毛並みをよくしたい!美しく保ちたい!そのためには食事も大切なポイントだということをご存知ですか?もちろん美しい毛並みのためには、日ごろからのお手入れ、ブラッシングやシャンプーも大事なのですがもともとの体を食事から整えることも忘れてはいけません。

 

 

まず、毛並みが悪くなる原因ですが、一言で言うと栄養不足ということがあげられます。具体的にはドッグフードが低たんぱく質だったり、植物性のたんぱく質だったりということが多いのです。

 

 

実はドッグフードの主原料はとうもろこし、大豆、小麦であることが珍しくありません。まだドッグフードは人間の食事のようにきちんとした安全基準や規定が決められているわけではないので、動物性で作られていても、値段の安い大量生産品は材料が粗悪であったり、食いつきや持ちをよくするために添加物が使われていたりもします。

 

 

犬は雑食なのでそれでも必要な栄養素が取れれば問題は無いのですが理想は良質で高たんぱくな動物性です。

 

 

動物性たんぱく質は犬の筋肉、骨格、血液を構成するのにとても重要です。もちろん皮膚や毛並みもそうです。被毛の成長はたんぱく質を費やします。

 

 

毎日の食事に十分なたんぱく質がないと毛並みがぱさぱさでつやが無くなったり、フケの原因になったりします。

 

 

ですので、まずは美しい毛並みのためには良性の動物性高たんぱく質、そして植物性たんぱく質や炭水化物を抑えるドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

 

さらにワンランク上の毛並みを目指したいという人には、魚油配合のドッグフィードがお勧めです。成分としては亜麻仁サーモンオイルなどでこれらは犬が体内で生成することができないので食事で補うことが必要な栄養素です。こちらは不足すると皮膚が乾燥し、抜け毛が増えるというトラブルになるのです。

 

 

しかし十分に摂取することにより、トラブルの改善になるだけでなく、健康な被毛が育ち、毛並みが美しくなるといわれています。是非、積極的に取り入れてみましょう。

 

 

最後に人間の髪の毛と一緒で健康的な毛並みは精神状態、つまりストレスにも大きくかかわってきます。毎日のお手入れを通して愛犬とスキンシップを取り、ストレスの無い状態に気をつけてあげることもお忘れなく!

 

 

>>無添加ドッグフード人気ランキング