流涙症(涙やけ) ドッグフード人気ランキング

流涙症(りゅうるいしょう)の原因と治療法

マルチーズ

流涙症とは、常に目から涙が出る病気で涙やけとも呼ばれます。涙のせいで目の周りが炎症を起こしやすいので、常に清潔に保つ必要があります。特に、毛が白いマルチーズ等は目のふちが茶色く染まるのですぐに分かります。飼い主さんは、涙に気付いたらその都度清潔な布などでふき取ってあげましょう。

 

 

【流涙症の原因】

流涙症には、主に2つの原因があります。1つは、何らかの理由で涙の量が異常に増えてしまうこと。もうひとつは、涙の排出システムがうまく作用していないこと。原因がはっきりと分かれば、病院での治療により比較的早く完治させることが可能です。

 

 

涙の量が増えることにより起きる涙やけ

 

涙の量が増える理由には、異物混入や目の乾燥などがあります。異物混入の場合は、点眼が効果的。逆さまつげが原因であれば毛をカットすることで解決できます。また、湿度管理を徹底することで目の乾燥を防ぎ涙の量を抑えることも可能です。

 

 

涙の排出システムがうまく作用せずに起きる涙やけ

 

生まれつき涙を流す穴が開いていないために涙が目にたまり涙やけを起こすことがあります。この場合は、ほぼ100%外科手術になります。また、穴は開いているが詰まりやすくなっている場合には、マッサージを行うことで回復させることが可能です。涙やけが気になるワンちゃんには、普段から目の周りをマッサージしてあげるとよいでしょう。

 

最近では、食事やおやつに含まれる添加物により、穴が詰まることがあるとも言われています。ドッグフードやおやつとして与えるジャーキーなど人工添加物が多く含まれるものは与えないようにしましょう。

 

 

老化による涙やけの症状

 

老化による筋肉量低下で涙やけが起きる場合もあります。目の周りの筋肉がうまく働かないために、涙をうまく流せなくなっているのです。老化による涙やけには、マッサージに加えグルコサミンコンドロイチンを含んだドッグフードが効果的です。トップページでご紹介しているフードの中ではカナガンドッグフードに配合されています。

 

 

その他、結膜炎・角膜炎などの病気によっても流涙症になることがあります。与えている食事にも問題がなく原因が分からない場合には、獣医に詳しく診てもらうことをおすすめします。

 

 

【流涙症になりやすい犬種】

チワワ、ポメラニアン、マルチーズ、シーズー、フレンチ・ブルドッグ、プードルなど

 

 

【流涙症の予防・治療】

上記にも書きましたが、流涙症の予防は常に目の周りを清潔にしておくことが大切です。目の病気が原因の場合は、医師に専用の目薬を処方してもらい治療していくことになります。

 


涙やけケアにはホウ酸水がおすすめ

ホウ酸水が入ったボトル

愛犬の涙を拭く時には、ホウ酸水が効果的です。ペット専門店などに売っている細菌用のローションよりもコスパが良いのでぜひ試しみてください。
ホウ酸は、薬局やドラッグストアなどで購入できます。

 

 

ホウ酸水の作り方

ホウ酸水は、誰でも簡単に作ることが可能です。量は、水150mlにホウ酸3gを入れるだけ。ワンちゃんへの負担も考え、ホウ酸の濃度は2%以下になるようにしましょう。

 

できたホウ酸水はコットン等に染み込ませ、涙で汚れた部分を優しくふいてあげてください。塗れた部分は、乾いた布などでふき取り乾かすことを忘れずに。塗れたままにしていると涙やけが悪化することがあります。

 


流涙症におすすめのドッグフード

流涙症による涙やけ対策に定評のあるドッグフードをご紹介します。どちらも口コミページがあるので気になる方は参考にしてください。
>>NDFの口コミページはこちら

 

 

涙やけ対策におすすめのドッグフードはこちら

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加アレルギー対応ドッグフード。高品質のたんぱく質、消化吸収率の高いラム肉を使用しているため涙の量を抑える効果が期待できます。人工添加物不使用で涙を詰まらせる老廃物もたまりにくくなります。1歳からシニアまですべての犬種向け。

 

>>NDFの詳細はこちら

 

 

老化による筋肉の衰えが原因の場合は、シニア犬対応ドッグフードがおすすめです。

 

鹿肉ドッグフード

人気ドッグフード鹿肉ドッグフードシニア犬専用のフードとして専門家が開発。犬の祖先「オオカミ」が好んで食べてきた鹿肉を主原料として採用。肉を「麹」で柔らかくさせることで、老犬の消化・吸収をサポートします。カロリーがやや高いので、活動量の多いシニア犬におすすめです。

 

>>鹿肉ドッグフードの詳細はこちら