ドッグフードの種類 ドッグフード人気ランキング

ドッグフードの種類

ドッグフード

現在では、ドッグフードの改善が進み、病気の症状や犬種、年齢などに合わせたものが販売されています。

 

コストが低く抑えられるということで、いまだに質の悪いものが流通していることもあるので、特に、スーパーなどで売られている価格の安いものを購入する場合は、購入前に、パッケージ裏を細かくチェックすることをおすすめします。

 


ドッグフードの種類 【品質別】

レギュラードッグフード

スーパーマーケットや量販店、コンビニエンスストアで販売されている一般的なドッグフードのこと。「総合栄養食品」と表示しているものでも、それだけを与え続けると健康に問題が生じる場合もあります。

 

一概には言えませんが、中国産のものは、ワンちゃんが死んでしまうという事件もあったので、いくら価格が安いといっても与え続けることはおすすめできません。

 

 

プレミアムドッグフード

高品質のドッグフードで、栄養のバランスがとれているもの。原材料について開示しているものが多く、安全性も非常に高いといえます。

 

病院やペットショップでの販売が中心。価格が高いということもあり、市場への流通数はそれほど多くありません。こちらのサイトでご紹介しているものはすべて、
このプレミアムドッグフードに該当します。

 

ドッグフードの違い 【フードの状態別】

ドライフード

一般的なドッグフードとして知られている、カリカリと食べられるフードです。水分は10%以下の乾燥状態で硬いのが特徴。
ドライフード
小型犬は、食べるのに時間がかかってしまいますが、歯の病気を予防する効果があります。

 

酸化防止のため脂肪は少なめ。まとめ買いは、保存期間に酸化する可能性があるので、できる限りこまめな購入がいいかと思います。特に、粗悪品には要注意です。

 

【メリット】常温保存が可能・歯の病気を予防
(歯石が付きにくいとされていますが、そうではないという発表も)
【デメリット】製品によって犬の嗜好性にばらつきがある

 

 

セミモイストフード、モイストフード

水分量は、約20〜30%。サイコロ状や筒状になっているものが多いです。ドライフードより水分が多いですが、程よい硬さをもちます。

 

【メリット】ウェットフードより保存期間が長い、ドライフードより犬の嗜好性が高い
【デメリット】水分が含まれているためドライフードよりも添加物の量が多い

 

 

ウェットフード

ウェットフード

缶詰やレトルトになって販売されているもの。栄養より嗜好性重視というところがあるので、ウェットフードを与えるときは、その他のフードとミックスするのがおすすめです。

 

最近では、手作り用のウェットフードの販売も増えてきています。

 

【メリット】缶詰なので未開封であれば保存期間が長くまとめ買いしやすい、犬の嗜好性が高い
【デメリット】開封後は保存できない、栄養バランスが良くない、カロリーが高い、噛む力が弱くなる、など

 

 

>>プレミアムドッグフード人気ランキングへ