ドッグフードの歴史 | 口コミ・評判比較サイト

ドッグフードの起源

いかり

皆さんはドックフードがどうやって誕生したのかご存知ですか?今から約150年前、イギリスの船乗りが食料用として積み込んでいたのがビスケット。賞味期限が長いということで積み込まれていましたが、あまりおいしいものではなかったため航海後はすべて捨てられていました。すると、お腹を空かせた野良犬が集まって全部食べてしまったようです。それを見ていたアメリカ人のジェームス・スプラットさんが「これだ!!!」とひらめいたわけですね。このあと、彼はペット用ビスケットの製造を事業化しています。

 

10年後の1870年には製粉業者が穀物使用のドッグフードづくりをはじめ、アメリカ中心にミルクボーンビスケット、缶詰ドッグフード、ドライドッグフードなどが発売されるようになりました。

 

 

日本ではいつ頃ドッグフードが発売された?

ビタワン日本にドッグフードが入ってきたのは第二次世界大戦中。このころは日本人が飼っている犬ではなく、警察犬や日本に住むアメリカ人が飼っている犬用のフードがほとんどでした。なので、このころは流通していたというより「動物用医薬品」として少量が出回っていたといった感じでした。

 

日本で犬用フードが初めて発売されたのは、イギリスで犬用ビスケットが発売されてからちょうど100年後の1960年。「ビタワン」という名のドッグフードです(現在は日本ペットフードが製造販売)。パッケージを見て思い出す方もいるのではないでしょうか。販売当時は今のように量販店やペットショップがなかったため、同じような大きさの袋入りということでお米屋さんに置かれていたようです。

 

ビタワン発売の1960年から70年代の約10年間は開拓期と呼ばれ多くの企業がペットフードの開発を始めています。そして、1970年代〜2000年ごろは成長期といわれ、味付けや粒の大きさなどにこだわった改良型ドッグフードが販売されるように。それら開拓期、成長期を経て今突入しているのは成熟期。ドッグフードという言葉は誰でも知っているものになり、ただ犬のお腹を満たすものではなく安心安全を追求したものがつくられています。

 

 

ペットフードの流通量は減っている?

チワワドッグフードの販売数は、2005年をピークに少しずつ下がっていますが、出荷金額は微増を続けています。これは実はペットの数が減っているのではなく、大型犬から小型犬の需要が高まったこと、量より質にこだわる飼い主が増えたことが影響しています。また、年齢別、病気別、犬種別などで種類が分けられ給餌量も細かく設定されているので、今までのように「犬が食べたいだけ与える」ことが少なくなったことも理由の一つにあるようです。