原材料【穀物】

原材料に穀物を使ったドッグフード

一般的に穀物を使ったドッグフードは、犬にとって消化が悪く問題視されています。少量であれば気にするほどではありませんが、とりすぎると肥満になったりアレルギーを起こす可能性がある穀物。しかし、穀物には犬の満腹度を高める効果もあり、必ずしもデメリットばかりではないということも覚えておいてください。

 

おすすめの穀物

ドッグフードに使われる穀物には、トウモロコシや麦などが多いですが、こちらでは、穀物の中でも比較的犬の健康に良いとされるものをご紹介していきたいと思います。

 

 

お米

 

白米は玄米を精米してつくられます。玄米を精米することで栄養分は少なくなりますが、白米の方が消化に良く胃腸の状態を安定させます。また、白米のモチモチ感を好む犬が多く、嗜好性も高いといえます。炊いたものをそのままドッグフードにトッピングできるので手間がかからないのも◎。ただし、GI値が高いというデメリットがあるので、太りやすいワンちゃんにはおすすめできません。

 

 

玄米

 

玄米は、精白される前のお米のこと。穀物の中でも食物繊維が豊富で太りにくいという性質を持ちます。「お米を玄米に変えると痩せる」ということで若い女性を中心にダイエット食としても人気がある素材です。玄米に含まれるB1、B2は、脂肪や糖質の代謝を上げる効果があり、GI値が低いのもメリットの一つ。GI血が低いと血糖値の上昇が抑えられ、脂肪が付きにくい体へと変えてくれます。デメリットは、そのまま食べるのに向いていないこと。お米より消化が悪いため一度に多く与えるのには適していません。

 

 

五穀米

 

五穀米とは、米、麦、豆、あわ、ひえ(きび)の5種の穀物のこと。昔から健康の源として食べられてきた穀物で、玄米同様ダイエット効果が期待できる素材です。五穀米には、ビタミン類がバランスよく含まれ食物繊維も豊富。あわやひえには、ポリフェノールが含まれ活性酸素を排除します。アレルギー性が低いことから、他の穀物より与えやすいともいえます。デメリットとしては、よく噛まないと満腹感を得られにくいこと。ごはんを丸呑みしてしまうワンちゃんには向いていないかもしれません。

 

五穀米と雑穀米の違いは?
五穀米は、5種の穀物に限定されたものですが、雑穀米は、5種の他白米や玄米、ハトムギなどメーカーによって様々な種類のものがプラスされています。メリットやデメリットは含まれている穀物によって変わってきます。

 

炭水化物の栄養素比較

ドッグフードに含まれる主な炭水化物の原材料は、トウモロコシ、米、オート麦、小麦、大麦の栄養素について比較しました。

 

【炭水化物に含まれる三大栄養素】

種類 エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物
トウモロコシ 363kcal 4.0g 3.6g 72.4g
米粉 356kcal 6.1g 0.9g 77.1g
オート麦 380kcal 13.7g 5.7g 69.1g
小麦 337kcal 10.6g 3.1g 72.2g
大麦 340kcal 6.2g 1.3g 77.8g

 

タンパク質比でいうとオート麦が一番高いのでお勧めですが、同時に脂質も高くなっているので太り気味のワンちゃんには、低カロリーな小麦がおすすめです。

 

 

【炭水化物に含まれるミネラル】

種類 カルシウム マグネシウム リン
トウモロコシ 5mg 99mg 130mg 1.5mg
米粉 5mg 23mg 94mg 0.8mg
オート麦 47mg 100mg 370mg 3.9mg
小麦 26mg 80mg 350mg 3.2mg
大麦 17mg 25mg 110mg 1g

 

 

炭水化物それぞれのミネラルについて比較してみました。5種の中ではオート麦が一番多くミネラルを含んでいることがわかります。オート麦は炭水化物の中でも比較的アレルギーを起こしにくいとも言われています。

 

犬の1日のミネラル摂取量目安
・カルシウム
約250mg×体重(kg)
・マグネシウム
約10mg×体重(kg)
・リン
約200mg×体重(kg)
・鉄分
約1.32mg×体重(kg)

 

成長期の場合は上記の約2倍の摂取量が必要になります。また、ミネラルの過剰摂取は内臓に負担をかけることがあるので与えすぎにも注意してください。

 

穀物を与える上で注意すること

特に、手作りフードを与えている飼い主さんにお伝えしたいのですが、五穀米や玄米は、白米に比べて栄養価は高い半面、消化が悪いというデメリットがあります。そのため、量を間違えるとお腹を壊してしまうことも考えられます。

 

 

また、プレミアムドッグフードに含まれる五穀米や玄米は、特殊製法ですりつぶしてワンちゃんが食べやすいように作られています。同じように手作りでするとなると手間もかかりますし、なかなか難しいのが現状です。

 

 

したがって、「手作りで穀物を与えたい」「ドッグフードに穀物をトッピングしたい」という場合には、まずは白米から始めて見ることをおすすめします。