アレルギー性皮膚炎 ドッグフード人気ランキング

アレルギー性皮膚炎

チェック

アレルギー性皮膚炎とは、自己免疫反応による皮膚炎で、食物に限らず様々な要因があるとされています。主に、5ヶ月〜3歳くらいまでの若い犬に多く見られる病気ですが、犬の寿命が伸びたこともあり最近では10歳以上の高齢犬にも増えてきています。

 

 

チェックアレルギー性皮膚炎の種類とは?

 

@食物性アレルギー

あらゆる食物がアレルゲンとなりますが、一般的に、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、などが原因になることが多いです。ドッグフードを変えることで改善できます。

 

Aアトピー性皮膚炎

遺伝性のものが多く、アレルゲンは、ダニ、花粉、ハウスダスト、真菌など。アレルギー性皮膚炎と分けられることも多い病気ですが、アレルギーが原因で起こることが多いため、こちらではアレルギー性皮膚炎の一種としてご紹介しています。

 

B接触性皮膚炎

何かものに触れたことにより起こす皮膚炎。ノミとり用の首輪やシャンプーなどが原因になることも。

 

C自己免疫性皮膚炎

自分自身の細胞が原因で起こる皮膚炎。全身性エリテマトーデス、寒冷凝集素疾患など。

 

 

D薬剤による皮膚炎

薬によって引き起こされる皮膚炎。医師から処方されたものでも発症する場合があります。犬より猫に多い症状。

 

E蕁麻疹(じんましん)

浮腫が発作的に出てすぐに消える炎症。魚介類の摂取や急な温度変化が原因とされています。

 

 

アレルギー性皮膚炎の治療法は、まず、フードを見直すことです。特に、小麦やトウモロコシなど穀物が多く含まれるフードを与えている場合はすぐに切り換えを行うことをおすすめします。

 

フードの切り換えで変化が見られない場合は、獣医師に診てもらってください。アレルゲンがなかなか特定されないこともあるので、辛抱強く治療していく必要があります。場合によってはセカンドオピニオンも。

 


アレルギー性皮膚炎の症状とかかりやすい犬種

犬のアレルギー性皮膚炎の症状は、ほとんどの場合かゆみが伴います。患部が赤くなりなめたり前足でかいたりするので次第に毛が抜けていきます。皮膚炎を発症しやすい場所は、耳、目の周り、鼻の上、唇、脇の下、後ろ足の付け根の部分や指の間の部分。

 

 

ワンちゃんがずっと体をかいていたり、何度もなじ部分をなめたりしていいたら皮膚炎が起きている可能性があるのでチェックしてあげてください。シャンプーの際に毎回くまなく見てあげると早い段階で気付けるので回復も早くなりますよ。

 

 

【アレルギー皮膚炎になりやすい犬種】

柴犬、シーズー、コーギー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、マルチーズ、プードル、パグ、チワワ など

 

アレルギー性皮膚炎の治療

アレルゲンとなるものを排除する

 

いちばん最初に見直されるのがドッグフードです。発症する直前ににいつもと違うものを与えていないか、逆に同じものばかり食べさせていないか、食生活を振り返ってみてください。原因が食物であれば食事を変えることですぐに治癒します。

 

 

ここで改善しなければ病院でアレルギー検査を行い、何の食物が影響しているのか調べます。(アレルゲンが100%判明するわけではないのが難しいところですが)

 

 

その他、いつも使っているシャンプーや環境の変化によるアレルギーということもありますので、飼い主さんは考えられる可能性をすべて排除しながら様子を見ていく必要があります。

 

 

投薬治療

 

ステロイドや抗生物質で皮膚炎を治していきます。ステロイドは即効性があり効果が高いというメリットがありますが、長期間の使用で副作用が出やすいというデメリットもあるので、医師と相談しながら慎重に治療していくことが大切になります。

 

 

その他

 

保湿性の高い専用シャンプーの使用や、病院独自の皮膚洗浄法などでも改善が期待できます。また、DHAやEPA配合のサプリメントでの体質改善も注目されています。しかし、これらはすぐに皮膚炎が治まるというものではなく、根気強い治療が必要になります。

 

アレルギー性皮膚炎におすすめのドッグフード

アレルギー性皮膚炎の場合、フードを見直すことで症状が改善される場合があります。主に、アレルギーを起こす可能性が高いといわれているものは、豚肉、牛肉、鶏肉、小麦、大豆、トウモロコシ、乳製品など。アレルギー性皮膚炎対策としては、これらすべてを一切使用していないドッグフードを選ぶことが前提になります。

 

 

NDF(ナチュラルドッグフード)

 

ナチュラルドッグフードナチュラルドッグフードは小麦、トウモロコシ、大豆、牛肉、豚肉、乳製品を一切使用していないアレルギー対応食です。主原料のラム肉は他の肉よりアレルギーを起こしにくい特徴があり、同じ食物の継続による皮膚炎悪化を予防します。お得な定期購入の他に1回きりの単品購入も可能。原産国はイギリス。

 

>>NDFの詳細はこちら

 

関連ページ

膿皮症
膿皮症は、犬の皮膚病の代表的な疾患です。寄生虫やアレルギーにより発症することが多く、慢性的な膿皮症には根気強い治療が必要になります。