皮膚の病気

皮膚の病気記事一覧

犬の膿皮症とは、皮膚に発疹ができる症状のことを言い、皮膚病の中で割とよくある疾患の一つです。感染力が高く、1ヶ所にできると他の場所にできやすいため、菌の繁殖はもちろん膿皮症を起こさないための予防をしておくことも大切です。

アレルギー性皮膚炎とは、自己免疫反応による皮膚炎で、食物に限らず様々な要因があるとされています。主に、5ヶ月〜3歳くらいまでの若い犬に多く見られる病気ですが、犬の寿命が伸びたこともあり最近では10歳以上の高齢犬にも増えてきています。アレルギー性皮膚炎の種類とは?@食物性アレルギーあらゆる食物がアレルゲンとなりますが、一般的に、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、などが原因になることが多いです。ドッグフードを変え...