超小型犬 ドッグフード人気ランキング

チワワ  

チワワ

世界最小の犬種として知られています。日本では、あるCMがきっかけでブレイクし、有名人にも多く飼われています。小さい割に丈夫で活発なので買いやすい犬種だといえます。ロングコートとスムースコート2種類の毛質があり日本ではどちらも高い人気があります。

 

 

犬種 チワワ
原産国 メキシコ チワワ州
体重 オス・メス:1〜3kg
寿命 14〜16歳

 

 

チワワは、北アメリカで最も古い犬種とされ、アステカ文明の王族の時代から飼育されていました。人墓からチワワの骨が出てきたことで、葬式の生贄とされていたと考えられています。小さな体と大きな目を持ち見た目が可愛いことから若い女性を中心に人気を集めています。最近では、パピヨンとポメラニアンミックスのロングコートが人気になりつつあります。

 

 

チワワには、夏前と冬前の季節による換毛期の他に、生後5ヶ月頃の大人の毛に生え変わる時期の換毛期があります。毛が長い分、スムースよりロングの方がこまめなお手入れが必要です。週に2〜3回はブラッシングしてあげるようにしましょう。

 

 

性格は、好奇心旺盛で活発的です。飼い主(その家族)への忠誠心は非常に高いですが、飼い主以外に対しては愛想よくふるまうことは少ないようです。体が小さいので、気温変化に対応しにくく、特に寒さには弱いとされています。散歩の際には、衣服の着用をおすすめします。

 

 

【チワワがかかりやすい病気】

先天性疾患として、頭骨形成不全、水頭症などの脳神経の病気がまれにみられます。乳歯が残っているため、歯周囲炎が起きやすく定期的なデンタルケアが必要です。骨が細いので、骨折肥満に要注意。肥満は心臓にも影響を与えるので、命取りとなることもあります。

 

その他、目の感染症など。出産に向いていない犬種なので、分娩は、なるべく獣医のアドバイスを受けるようにしてください。

 

 

チワワにおすすめのドッグフードはこれだ!

 

ナチュラルドッグフード(NDF)

ランキング2位のナチュラルドッグフード骨折が多く太りやすいチワワは、肥満を防ぐことが最優先になります。ナチュラルドッグフードは、脂肪がたまりにくいラム肉使用でカロリーも十分にカットされているのでおすすめです。100g当たりのカロリーももちろんですが、1回の給餌料当たりのカロリーが低いのもポイント。カナガンドッグフードに比べると数ミリ大きいですが、ドーナツ形で噛み砕きやすいので丸呑みを防ぎます。

 

>>NDFの詳細はこちら

 

 

【参照】チワワの飼い方Q&A | みんなのお悩みQ&A

 


パピヨン

パピヨン

15世紀以降のポンパドゥール夫人やマリー・アントワネット等、ヨーロッパ貴族に寵愛されていた犬種。当時の絵画に貴族とともに描かれることも。繊細で優美な雰囲気がありますね。立ち耳、垂れ耳2種類ありますが、立ち耳パピヨンの方がやや人気が高いようです。

 

 

犬種 パピヨン
原産国 フランス
体重 オス・メス:4〜5kg 超小型犬
寿命 12〜15最

 

 

ブルボン朝の時代までは、垂れた耳が一般的で、尾がリスのように優雅なカールだったことで「スペインのリス」と呼ばれていました。その後、改良されピンっと立った耳を持つタイプが登場したことで、フランス語で「蝶」を意味するパピヨンという呼び名に変化。

 

 

パピヨンには、狩猟犬として働いていた時期はありませんが、鳥猟犬だったドワーフ・スパニエルが起源であるため、高い俊敏性を持ち合わせています。また、何か予想外のことが起きると吠えて飼い主に伝えるといったこともあります。

 

 

ずいぶん昔からペットとして変われていたということもあり、どうすれば飼い主が喜ぶかを瞬時に察知し行動に移します。他の犬や子どもとも仲良くできるので初めて犬を飼うという方におすすめです。ただ、人懐っこく遊び好きではありますが、個体によっては若干神経質な性格をもっていることがあります。

 

 

【パピヨンがかかりやすい病気】

パピヨンは、見た目は華奢ですが病気にかかりにくいのが特徴。健康的な犬種だといえます。遺伝的な病気はほとんどありませんが、足の細さから膝蓋骨脱臼になりやすいです。その他、眼瞼内反症(逆さまつげ)など。涙やけがあるようなら逆さまつげを起こしていないかチェックしてあげてください。

 

 

パピヨンにおすすめのフード

 

カナガンドッグフード

ランキング1位のカナガンドッグフード直径7mmの口が小さな小型犬でも食べられる小粒タイプのフード。グレインフリーでアレルギー性が低く、消化吸収が良いのでシニア犬にもおすすめです。主原料には、犬の嗜好性の高いチキンを使用。軟骨の生成を助けるグルコサミン・コンドロイチン配合でパピヨンの膝蓋骨脱臼を防ぎます。割安な定期コースの販売有り。

 

>>カナガンの詳細はこちら

 

 

パピヨンにおすすめのサプリメント

グリコフレックス3

足の細いパピヨンがなりやすい膝蓋骨脱臼に最適なグルコサミンのサプリメント。

 


プードル

トイプードルの画像

世界でも人気のある犬種で特にフランスでの人気が高い特徴があります。他の犬種と違い起源がはっきりとしておらず、「原産国フランス」とご紹介していますが、これも確定的なものではありません。鴨猟の回収犬として活躍していたことから泳ぎが得意な犬種でもあります。16世紀ごろから上流階級の婦人の間でブームになり、いまでもセレブ犬として知られています。

 

 

犬種 プードル
原産国 フランス
体重 オス・メス 2.5〜3.5kg (トイ・プードルの場合)
寿命 10〜13歳

 

 

プードルは、その大きさによって、「トイ」「ミニチュア」「ミディアム」「スタンダード」の4種類に分類されます。

 

 

【プードルのサイズ分類】

 

体高

体重

分類

トイ

26〜28cm

2.5〜3.5kg

超小型犬

ミニチュア

28〜35cm

5〜8kg

小型犬

ミディアム

35〜45cm

8〜15kg

中型犬

スタンダード

45〜60cm

15〜19kg

中型犬

 

 

シングルコートで毛が抜けにくく犬特有のにおいがなのも人気の理由の一つですが、巻き毛のため絡みやすく毎日のブラッシングが欠かせません。トリミングは1〜2ヶ月に1度は行うようにしましょう。一般的にプードルの毛は子犬のころ直毛で、1歳を超えると巻き髪に変わるといわれていますが、年齢に関係なくサラサラを維持する個体もあるようです。

 

 

非常に賢く、主人に従順なのが特徴。賢さでは全犬種の中でもボーダー・コリーに継ぐ第2位といわれています。歴史が古く、長い間純血を守ってきたということもあり、遺伝病を含め様々な病気にかかりやすい犬種でもあります。

 

 

【プードルがかかりやすい病気】

目の周りの毛が茶色くなる涙斑症(涙やけ)を起こすことがあり、白い毛だと特に目立ちます。遺伝性の病気として、先天性膝蓋骨脱臼がトイにみられます。また、レッグ・ペルテス・パーセス症といって、大腿骨の病気を発症することもあります。(仔犬に多い。)

 

 

プードルにおすすめのフード

 

カナガンドッグフード

ランキング1位のカナガン
トイプードルには、先天性膝蓋骨脱臼による痛みを抑えるグルコサミン、コンドロイチン配合のカナガンドッグフードがおすすめです。予防としても効果が期待できるため、サプリメントでも摂っておくと安心です。穀物、人工添加物不使用で老廃物による鼻涙管の詰まりを防ぎ涙やけを予防します。

 

>>カナガンの詳細はこちら

 

 

ナチュラルドッグフード(NDF)

ランキング2位のナチュラルドッグフード
口コミ等で涙やけに定評があるナチュラルドッグフード。カナガン同様肉副産物や人工添加物が入っていないため、老廃物による鼻涙管の詰まりを防ぎます。主原料にはイギリス産のラム肉を55%以上使用。アレルギーになりにくいので、長期にわたって与え続けることが可能です。さらに、低カロリーで肥満による関節炎を予防します。

 

>>NDFの詳細はこちら


ポメラニアン

ポメラニアンの画像

 

平均的な体重が3kg前後という超小型犬。ツイッターで話題を呼んだ俊介くんもポメラニアンですね。アメリカでも常に人気上位15位以内に入る人気の犬種です。

 

 

犬種 ポメラニアン
原産国 ドイツ〜ポーランド西部(ポメラニア地方)
体重 オス・メス:1.5〜3.5kg
寿命 12〜15歳

 

 

臆病な性格で、知らない人にはよく吠える特徴があります。玄関のチャイムがなると、吠えながら走り回る様子を見たことがある人もいるかもしれません(^^;また、興奮すると噛んでしまうことがあるため、子供との生活には不向きだと言えます。

 

 

逆に、飼い主には従順で依存性が高く、短期間でも離れて暮らすと不安状態に陥ります。とはいえ、知能は高いのでしつけやすく、早い段階からしっかりと育てるととても良い家庭犬になります。

 

 

体毛が密で抜け落ちやすいため、毎日のブラッシングが欠かせません。

 

 

【ポメラニアンがかかりやすい病気】

ポメラニアンは、小型犬でありながら丈夫で健康的な犬種だとされています。骨が細いので椅子やベッドからの落下に注意。遺伝性の病気として、膝蓋骨の脱臼が起こる事があるので、普段から歩き方のチェックを行なうと安心です。

 

 

ポメラニアンにおすすめのフード

 

ランキング1位のカナガン

カナガンドッグフード

超小型犬でありながら運動量が豊富なポメラニアンには、栄養価の高いカナガンがおすすめです。骨抜きチキン生肉、乾燥チキンを合計50%以上含み非常に高いたんぱく質量を実現(全体の33%)。グレインフリーでアレルギーを起こしにくく、消化吸収率も高いためシニア犬以降も与え続けられます。膝蓋骨の脱臼予防に役立つグルコサミン・コンドロイチンを配合。

 

>>カナガンの詳細はこちら

 

 

グルコサミンのサプリメント

ポメラニアンに多い膝蓋骨の脱臼向けに開発されたサプリメント。人気のあるものを2つご紹介します。

グリコフレックス3

サプリメント犬の関節をサポートするグルコサミンの定番サプリメント。匂いが少なく飲みやすいのが特徴です。足腰が弱くなり始める7歳以降は積極的に摂っておきたい成分です。

 

ペットのサプリ。骨・腰・関節

サプリメントグルコサミンとコンドロイチンを配合。一般的なサプリより安く購入できるということで人気があります。安心の日本製。ペット専門店で購入することもできます。

 

 

 


マルチーズ

マルチーズ

 

マルチーズの名称は、マルタ島で生まれたことから由来。元々、愛玩犬で「もっとも古い愛玩犬」とも言われています。日本国内では、1970〜80年代にかけて非常に人気が高く、人気ランキング上位の常連でした。

 

 

犬種 マルチーズ
原産国 マルタ
体重 オス・メス2〜3kg 超小型犬
寿命 12〜14歳

 

 

白い絹のような長い毛が特徴。その優雅さ、気品の良さは、アフガン・ハウンドに匹敵します。ブラッシングトリミングなどのお手入れは必要ですが、季節による換毛はしません。(下毛がない分抜け毛が少ない)

 

 

性格は、見た目の優雅さとは裏腹に、警戒心が強いので吠えることも多いとされています。基本的には、甘えん坊なので、一緒に遊んであげると喜びます。

 

 

【マルチーズがかかりやすい病気】

耳が垂れているので、中耳炎、外耳炎に注意。常に耳を清潔にしておくと予防できます。また、毛が長いため糞がくっつき不潔になり、皮膚炎を起こしてしまうこともあります。排便の後は念のためチェックしておくと安心です。子犬期は低血糖症、老犬期は心臓病に注意。その他、涙・目やにによる流涙症など。

 

 

マルチーズにおすすめのフード

 

カナガンドッグフード

ランキング1位のカナガングレインフリーでアレルギー対応済みフード。チキンとサツマイモを使用し、たんぱく質と炭水化物の量を最適な割合で配合しています。100g当たり361kcalと低カロリーで肥満を防ぎ心臓への負担を減らします。涙やけの原因ともいえる人工添加物を一切使用していないのもポイント。

 

>>カナガンの詳細はこちら

 

 

ファインペッツドッグフード

ランキング3位のファインペッツ涙やけに関する口コミの評価が高く小粒タイプの販売もあり、マルチーズにおすすめのフードです。食いつきが良くないワンちゃんもいるようですが、お試し割引パックもあるので1度利用してみると良いかもしれません。1日の給餌量はやや少なくなっています。

 

>>ファインペッツの詳細はこちら

 

 

マルチーズにおすすめのサプリメント

ビガープラス プレミアムアルファ

犬の免疫力を高める中耳炎用サプリメント。

 


ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュアダックスの画像

アナグマ猟を行っていたダックスフンドが、20世紀に小型化されミニチュア・ダックスフンドと呼ばれるようになりました。ウサギなど地中の穴の獲物をとらえるため胴長短足の体型に作られています。

 

 

犬種 ミニチュア・ダックスフンド
原産国 ドイツ
体重 オス・メス:4〜5kg 超小型犬
寿命 14〜15歳

 

胴長短足が愛らしい超小型犬。顔は面長で、尾が長く耳が垂れているのが特徴です。マズルが長いため、ほかの犬種に比べて嗅覚に優れています。

 

 

人と触れ合うことは好みますが、本来猟犬だったということもあり、人への服従心があまりありません。また、吠えたり噛み付いたりすることもあるので、子供に近づけると危険な場合もありますが子犬のころからきちんとしつければ心配ありません。

 

 

胴長短足の体型は、ヘルニアになりやすいため、普段から階段やソファーなどの上り下りには注意してあげましょう。ミニチュア・ダックスフンドは寒さに弱い犬種です。暖かい地域では外飼いもできますが、寒い日が続くような地域では室内飼いをおすすめします。

 

 

【ミニチュア・ダックスフンドがかかりやすい病気】

ミニチュア・ダックスフンドは、その体型から様々な病気を起こしやすいと言えます。
胴が長く足が短いため、椎間板ヘルニアなどの関節疾患にかかりやすいです。その際、後ろ足のマヒや排便困難、失禁などの後遺症が見られます。肥満は症状を悪化させる原因になるので注意が必要です。
また、足の短さにより地面からの距離が短く、熱中症を引き起こす危険性があるので、夏の暑い時期は注意してあげてください。気付かないうちに地面で腹部を傷つけてしまうことも。垂れ耳であることから、部分的に蒸れやすく外耳炎にもなりやすいとされています。

 

 

ダックスフンドにおすすめのフード

 

ナチュラルドッグフード(NDF)

ランキング2位のナチュラルドッグフードミニチュア・ダックスフンドのヘルニア対策に必要な3代栄養素とビタミン・ミネラルをバランスよく配合したドッグフード。さらに余分な脂肪をカットしヘルニアの原因ともいわれる肥満を予防します。(100g当たり339kcal)人間が食べられる高品なラム肉使用でアレルギーによる皮膚炎対策としてもおすすめです。

 

>>NDFの詳細はこちら

 

 

カルシウムサプリメント

BPDS犬用 600g

フードと合わせて手軽に補給できるカルシウムサプリメントです。コラーゲンなどのたんぱく質を消化しやすい形で配合。


ヨークシャー・テリア

ヨークシャーテリアの画像

19世紀ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯で作られた犬種。当時、工員の家屋を荒らしていたネズミを捕まえる役目を担っていました。チワワに継ぐ小型犬種としても知られています。

 

 

犬種 ヨークシャー・テリア
原産国 イギリス・ヨークシャー地方
体重 オス・メス:2〜3kg 超小型犬
寿命 14〜17歳

 

 

「動く宝石」と呼ばれるほど、絹糸のような光沢のある長い毛をもち、その見た目の美しさから、日本では飼育頭数が常にトップ10にランクインしています。

 

 

性格は、主人には従順ですが、見た目によらず勇猛で他人に吠えたり噛みついたりすることも。他の犬や初めてみる小動物に攻撃的になりやすいので、新たに動物を飼育する際は注意が必要です。子犬のときからしっかりとしつけることで改善することができます。

 

 

被毛が長く絡まりやすいため毎日のブラッシングが欠かせません。清潔を保つため、3週間〜1ヶ月に1度のシャンプーが必要になります。ヨークシャーテリアの皮膚はアレルギーを起こしやすいため低刺激のシャンプーを使うようにしましょう。

 

 

【ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気】

マルチーズと同じようにその毛の長さから皮膚病にかかりやすいため、日ごろから手入れをしてあげる必要があります。毛が目に入って瞬膜炎や結膜炎を起こすことも。その他、歯槽膿漏や膝蓋骨脱臼低血糖症など。

 

 

ヨークシャー・テリアにおすすめのフード

 

カナガンドッグフード

ランキング1位のカナガンドッグフードヨークシャー・テリアは比較的食が細い犬種なので、消化吸収が抜群でしっかりと栄養がとれるカナガンドッグフードがおすすめです。口が小さな小型犬でも食べやすい小粒タイプ。中央に穴が開いているので噛み砕きやすく丸呑みを防ぎます。穀物フリーでアレルギー性の皮膚炎を予防します。

 

>>カナガンの詳細はこちら

 

 

犬は噛むことで歯磨きに近い働きをするため、ウェットフードよりドライフードの方が歯周病になりにくい特徴をもちます。歯垢よりも硬く、歯よりも柔らかい適度な硬さのドッグフード選びが大切です。

 

 

>>ドッグフード人気ランキングへ

 


関連ページ

小型犬
小型犬の紹介!こちらでは、5〜10kgのワンちゃんをご紹介。ミニチュア・シュナウザーなど。