内蔵疾患

犬の心臓疾患の症状

マルチーズ

あなたの犬は今何歳ですか?

 

どんどん獣医学も発達し犬の寿命が延びることは嬉しいことなのですが、犬も人間と同じで加齢に伴う内臓系の病気が増えています。中でも心臓病については、6歳を過ぎてきたころからリスクが高まるというのをご存知でしたか?

 

 

症状としては食欲が落ちた、疲れやすい、散歩を嫌がるなどの初期症状から、ぜーぜーと咳をする、なかなか咳が止まらない、呼吸が苦しそう、家の中でもじっとして動かないなどの中度のものがあります。さらに、重度になると腹水を起こしたり、呼吸困難になって失神してしまうことがあります。

 

 

また、心臓病は肺水腫などさまざまな合併症を引き起こす原因にもなり、動けなくなってくることから体の筋力や免疫が落ちることにもつながります。

 

 

小型犬の咳はもともと気管支が弱いことが原因で起こる場合も多いのですが、高齢の場合は、心臓病の可能性も頭に入れておいた方が良いでしょう。中型、大型犬の場合でもしょっちゅう咳をするようなら心臓病も疑わないといけません。心臓病は、夜間や明け方に咳が多いのも特徴の一つです。

 

 

少しでも様子がおかしいなと思ったら、すぐ病院で診てもらいましょう。また、加齢ともに定期的な受診でその変化に気づいてあげたいですよね。

 

>>心臓疾患のあるワンちゃんにおすすめのドッグフード

 


犬の心臓疾患の原因とかかりやすい犬種

犬の心臓病の原因には生まれつきの先天性のものと、高齢や生活習慣による後天性のものがあります。後天的な心臓病は、ある意味どの犬にも起こる可能性があると言えます。シニア犬、犬種としては小型犬には特に注意が必要です。6歳ごろからそのリスクが増加し始め、どんどん年を重ねるごとに発症率が増えてきます。

 

 

【心臓病にかかりやすい犬種】

先天性心臓疾患

プードル、ダックスフンド、ポメラニアン、シュナウザー、ゴールデンレトリバーなど。

後天性心臓疾患

ポメラニアン、マルチーズなど。

心筋症

ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ドーベルマン、セントバーナード、ジャーマンシェパードなど。
(大型犬の心臓疾患の場合、まずは心筋症が疑われます。)

 

 

心臓は、体の中で全身に血液を送り届ける大切なポンプの役割を持つ臓器です。犬の心臓は一日に約18万回鼓動し、4つの部屋がお互いに連動して、休むことなくずっと血液を全身に送ります。加齢などで体が弱ってくると心臓の機能も低下し、全身に十分な栄養分と酸素を送り出せなくなります。これが心臓病の始まりです。

 

 

ほうっておいてひどくなってくると、どんどん栄養分と酸素が足りない状態が悪化し、さらに、心臓は頑張って送り出す血液を増やそうとします。結果、心臓の負担が増えてダメージが大きくなり、悪循環に陥ります。

 

 

心臓の左側には僧帽弁(そうぼうべん)という血液を全身に送り出すときに部屋を閉じる役割のひだのような弁があるのですが、犬では僧帽弁閉鎖不全症といい、この弁がうまく閉じなくなることが最も多い原因と言われています。

 

犬の心臓疾患の治療法は?手術が必要?

獣医

様子がおかしい、元気が無いと病院に行って心臓病だとわかったらどんな治療になるのでしょうか。まずは簡単な検査から、聴診器で心音を聞くことから始まります。ここで雑音があるようならレントゲン、心電図、エコーなどの詳細検査をしていくことになります。

 

 

発見が早くまだ症状が軽ければ、内服薬での治療からのスタートが一般的です。多く使われるのは、ACE阻害剤という血管を広げる薬。心臓が十分に送り出せない栄養や酸素を送るために負荷をかけ、悪循環を軽くすることが目的です。

 

 

そして、食事療法不整脈を起こす原因となる塩分を控える食事に切り替えます。塩分の取りすぎは不整脈を招き、心臓にさらに負荷をかけます。そのため、塩分を控える食事への切り替えはとても大事な治療です。また、肥満も心臓への負担を大きくします。ワンちゃんの肥満を防止するためにも低カロリーのフードを選ぶようにしましょう。

 

 

心臓に雑音が無いかどうか飼い主さんが犬の胸に耳を押し当てて聞いた場合、一定のリズムではなく聴こえるということがありますが、呼吸により心拍数が乱れることはよくあること。なのでびっくりせず、獣医さんが心音を聞くときは、なるべく呼吸による乱れが無いように落ち着かせてあげるようにしてください。

 


犬が心臓病にかかったら寿命はどのくらい?

チワワ

 

心臓病=死ではありません。

 

きちんと治療を行えば10歳以上生きるケースも多くあります。

 

 

生まれつきの先天的な心臓病の場合、2〜3ヶ月の育ち盛りでもなかなか大きくならないことが多いと言われています。心配な場合は、ワクチン接種の時に合わせて心音をチェックしてもらうようにしましょう。6歳以上のシニア犬は心臓病のリスクが加齢ともにどんどん高くなりますので定期的にお医者さんで心音を見てもらうチェックが大事です。

 

 

いずれにせよ心臓病の初期症状は見つけにくいとされているので獣医の検診に加えて、病気がわかった場合早期治療を開始することが犬の寿命を大きく左右します。なぜならば、心臓病はすべての犬にありえる病気ですし、心臓病と一言にいってもその程度・症状は幅が広いからです。

 

 

もう一度繰り返しますが、心臓病はどの犬にも起こりうる病気ですし、頑張って心臓が動き続ける限り、心臓病=死ではありません。

 

 

しかし、犬は病気で辛い思いをしています。少しでも早く見つけて、前向きに適切な治療と、暮らし方に気をつけていつまでも心臓を楽に快適に動かす手助けをしてやれれば、長生きもできるケースも多いのです。

 


心臓疾患手術後の生活アドバイスと予防策

犬の散歩

心臓病にならないためには、早期発見が大事という心臓病ですが普段から気をつけたいこととは何でしょうか。それは、基本的には人間と同じで、バランスのとれた食事、適度な運動、定期健診となります。

 

 

元気だからと安心せず、定期的な健康診断を受けましょう。犬の6歳は人間で言うと50歳を超えています。早期発見がより長く快適に過ごせる近道です。病気の可能性をしっかり認識して向き合うことが大切な家族である犬を守ることになります。

 

 

病気だとわかってからは、できるだけ心臓に負担をかけず、楽にしてあげることが大事です。処方される薬をしっかり飲むことからですが、食事療法、安静療法などの生活スタイルも大事なケアの一つです。

 

 

食事は塩分を控えることがポイントなので、「専用の病気食に切り替える」「野菜、鳥のささみ中心の手作りに切り替える」などといった方法をとることになります。減塩食は味が薄くおいしくないのでなかなか食べないこともありますが、今までの餌と混ぜて少しずつ割合を増やしていくなど工夫していきましょう。

 

 

運動は主に毎日の散歩を見直すことになります。どれくらいの運動のレベルが可能なのかをお医者さんに確認しておきましょう。できるだけ興奮させずに短く負担がかからない程度に切り替えるのか、排泄だけの散歩にとどめ家の中でも安静にしなければならないのか、症状によって変わってきます。場合によっては、室内でもゆっくり休めるようゲージの中で過ごさせてあげるということもあります。

 

 

犬は言葉を話せません。飼い主さんと一緒にいると辛くても元気に見えてしまいます。常に一緒にいるあなたが毎日の様子をよく観察し、何かあればすぐに気付いて病院に連れて行ってあげられるように気をつけてあげたいですよね。

 


犬の心臓疾患におすすめのフードとは

走るパピヨン

狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患がある場合は、高血圧や糖尿病なども合わせ持っている可能性があります。高脂血症、高血圧、糖尿病などの症状は、主に肥満が原因とされているため、余分な脂肪が多いドッグフードは避けた方が良いでしょう。さらに、適度なたんぱく質、高ビタミン、高ミネラルの食事を心がけ、塩分は控えめにします。

 

 

何度も言いますが、心臓疾患があるワンちゃんにとって塩分の高い食事はNG。添加物を含んだ食べ物や缶詰フードは、塩分が高いものが多いので、与える前に確認するようにしてください。特に、人間が食べるお菓子やソーセージなど味が濃いものには、塩分がたくさん含まれています。(心臓疾患にかかわらず、ワンちゃんには与えない方が良いとされていますね。)

 

 

食欲不振の記事と逆になりますが、キャットフードも少し塩分が高くなっているので、心臓が弱いワンちゃんには与えないようにしてください。食欲が出ない場合は、その他の方法で試してみてください。

 

【参照記事:食欲不振の犬の対処法 | 猫缶で回復!?

 


一般に、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患は、肥満による高血圧や糖尿病が原因とされています。心当たりがある方も多いのではないでしょうか。普段から肥満対策を行うのが効果的ですが、気をつけていても太ってしまった場合、フードで改善させることも可能です。フード選びの際には、余分なカロリーが少なく、高たんぱく質・高ビタミン・高ミネラルのものを与えると良いでしょう。

 

 

心臓疾患のあるワンちゃんにおすすめのフードはこちら

 

アランズナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード人が食べられる原材料のみを使用した総合栄養食ナチュラルドッグフード。プレミアムドッグフードの中でも脂肪分が少なく、アレルゲンになりにくいラム肉(イギリス産)使用で安心です。心臓疾患や骨粗しょう症の予防が期待できる植物エストロゲン「リグナン」を豊富に含む亜麻仁が配合されています。

 

 

【ナチュラルドッグフードの成分分析値】

たんぱく質

脂質

灰分

20.0%

12.5%

7.0%

水分

オメガ6脂肪酸

オメガ3脂肪酸

8.0%

3.4%

1.5%

リン

マグネシウム

ナトリウム

1.4%

0.2%

0.2%

カルシウム

カリウム

エネルギー

0.8%

0.5%

339kcal(100gあたり)

 

ナチュラルドッグフードのたんぱく質量は?

 

ナチュラルドッグフードのたんぱく質は、20.0%。割合的に合格点だといえます。シニア犬の場合、たんぱく質をうまく吸収できずに老廃物としてためこみ心臓に負担をかけることがあるので多すぎも禁物です。特に、腎臓に持病があるワンちゃんの場合は獣医と相談しながらたんぱく質摂取量の調整を行ってください。

 

 

ナチュラルドッグフードのビタミン、ミネラル量は?

 

上の表にもありますが、ナチュラルドッグフードにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがしっかりと含まれています。特にカリウムには、摂取しすぎたナトリウムの排泄を促す働きがあるため、継続的に摂取することが大切です。心臓病の症状が重くなり利尿剤を飲み始めている場合には不足しやすくなります。

 

 

ナトリウムとカリウムは体内で拮抗してい働いているミネラルです。心臓病対策のためにとナトリウムをほとんど与えていない場合、かえってカリウム過多になり心臓への負担を増やしてしまうのでカリウムの過剰な給餌には注意してください。

 

 

ナチュラルドッグフードの塩分量は?

 

ナチュラルドッグフードのナトリウム量は、0.24%。人気のドッグフードと比較すると、オリジンシニアが0.4%、カナガンが0.23%、アカナクラシックが0.32%、サイエンスダイエットシニアが0.35%なので、割合的に少ないといえます。

 

ナトリウム量をちゃんと公開していないドッグフードもまだまだ多いです。

 

 

ナチュラルドッグフードのエネルギー量は?

 

肥満も心臓に負担をかける原因の一つ。ナチュラルドッグフードのエネルギー量は、100gあたり339kcalと低いので、給餌量をしっかりと守っていれば肥満になることはありません。普段与えているおやつやトッピング量などが1日の標準カロリーを超えてしまうことがないよう飼い主さんが調整してあげてください。

 

 

>>ナチュラルドッグフード詳細はこちらナチュラルドッグフード